「安心・安全・信頼」を提供するセコムグループとして

セコムは、日本のセキュリティ事業の先駆者として「あらゆる不安のない社会の実現」を目指し、社会に信頼される確かな安心を提供してきました。
また、セキュリティ事業で培ったサービスノウハウを生かし、他分野においても多様なビジネス展開を手掛けるなど、「社会システム産業」構築に向け、安全・安心・信頼のセコムブランドを国内外へ発信しています。

セコムグループには、「正しさの追及」「現状打破の精神」「自己実現のための働き」といった経営理念(セコムの理念)があります。これは、全社に総じて社員が抱くべき志とされており、各グループ企業独自の存在意義を高め、新たなサービスイノベーションを生み出す礎として長きに渡り受け継がれています。
当社も、これらのビジョンを企業指針における重要な道標と考え、創造的組織であり続けるエネルギー源として共有しています。

あらゆる「不安」のない社会へ。セコムの社会システム産業 SECOM

セコムは、2017年5月に「セコムグループ2030年ビジョン」を策定し、「いつでも、どこでも、あんしん」「誰にとっても、あんしん」「切れ目なく、ずっと、あんしん」を特徴とする「あんしんプラットフォーム」構想を発表しました。変わりゆく社会に、変わらない安心を提供すること。私たちセコムグループは、より強固な社会と人とのつながりをつくっていきます。

当社は、2000年にセコムグループの一員となりました。グループのメディカル事業の中核として、従来の御取引先に加え、様々な医療機関のお客様に医療機器の提供やサービス事業を拡充しています。
セコムグループの連携医療機関である全国の病院や関係施設のトータルサポートを行うほか、連携体制の強化を図ることで、高品質な医療サービスの提供に寄与するなど、同業他社の中でも他に類を見ないビジネスモデルを展開しています。グループ内の複数事業分野のシナジーにより、日々進化する医療現場を総合的に支援する仕組みの確立を目指しています。

今後益々社会的需要が増す医療業界では、より一層"時間や空間にとらわれない、万人に通じる安心"が求められています。「セコム2030VISION」が目指す確かな安心こそ、社会が真に必要とする医療・介護・健康分野の在り方なのです。
究極の安全・安心を追求し、多岐に渡る事業領域をもつセコムグループだからこそできる有益なサービスの提供。マックはこうしたバックグラウンドを糧に、これからの医療・介護・健康分野に貢献する大いなる可能性を秘めています。